過剰摂取してしまったら?吸いすぎてしまった場合の対処法

CBDを過剰摂取してしまったら?吸いすぎてしまった場合は摂りすぎても横になっていれば問題なし

日本人の5人に一人は不眠症の悩みを抱えていると推測されています。

睡眠に関する悩みの改善には色々な治療や対策が考案されてきました。

睡眠導入財の服用や就寝前にリラックスしたり、入浴のタイミングを調整するなどがあります。

しかしいずれの方法にも一長一短があり、習慣性がついたり効果が不確実であったりする難点が指摘されてきました。

最近注目を集めているのがCBD(カンナジビジオール)という成分です。

植物由来の成分で人体への様々な有用性が期待されている成分です。

興奮した神経をチン差異化する作用にすぐれ、熟睡をうながし浅い眠りのエム睡眠をブロックする作用をもつとされており、寝つきが悪い眠れないなどの不眠症の悩むの緩和に改善を期待できます。

すぐれた作用が明らかになっているということは反面において、効きすぎることはないのか、不安を抱く向きもありそうです。

しかし現時点において重篤な副作用は報告されていません。

基本的にサプリメントなどの形で摂取することが多いようですが、食品に準じるので厳密に要領を順守しなくてもそれほど心配することはありません。

自分の身体のコンディションにあわせて適宜増減して最適の分量をさぐってみることそおすすめします。

副作用は?直接の死亡例はない

CBDは世界中で注目されている成分で、WHO(世界保健機関)でのその有用性と安全性が確認されているほどです。

そのため世界的に需要も高くなり、日本国内でも入手できるようになってきました。

ただ新たな成分であるだけに、副作用への不安がある程度存在するのは事実です。そこで問題になるのは副作用のリスク。

CBDそのものによる重篤な副作用は報告されていません。

ただし植物由来成分であるため、アレルギー体質の方は注意が必要です。特にアーモンドやモモ・グレープフルーツなどの植物に対してアレルギー症状の既往のある方は注意が必要です。

アレルギーは本来は無害であるはずの物質(抗原)に免疫機能が過剰反応することで炎症症状が発生するもので、植物にアレルギーを持っている方では症状がでる可能性があるからです。

また何らかの疾患の治療薬を服用中の方も同様です。

既に治療薬を布教中の方がcbdを服用すると相互作用が起きる可能性があるからです。
また妊娠中や授乳期にある方についての安全性は研究途中にあります。

動物実験では妊娠初期では影響がないとされていますが、まだ詳細なメカニズムは明らかになっていません。

授乳期においてはアメリカ国立衛生研究所による影響が無い、とするレポートがあります。